û

メニュー


手術について

梨の木どうぶつ病院では、外科に力を入れています。

整形外科・神経外科の分野では手術はもちろんのこと、術後のリハビリについてもよりよい提案をさせて頂きます。
スタッフ一丸となってチーム医療を実践し、最善を尽くします。

主な執刀実績

整形外科 膝蓋骨脱臼整復、前十字靭帯断裂整復(TPLO、関節外法)、大腿骨頭切除、各種骨折整復(コーテックススクリュー・プレート固定、ロッキングスクリュー・プレート固定、ピンニング、創外固定など)、膝蓋腱再建、脛骨異形成整復、尺骨骨切矯正、肘関節切開(内側鉤状突起離断)、肩関節脱臼整復など
神経外科 椎間板ヘルニア(片側椎弓切除、ベントラルスロット)、環軸亜脱臼、椎体固定
消化器外科 胃切開、腸切開、消化管吻合、ビルロートⅡ法、サブトータル結腸切除、胆嚢切除、胆嚢十二指腸吻合、胃捻転整復・胃固定など
泌尿・生殖器外科 去勢、子宮卵巣摘出、潜在精巣摘出、膀胱結石摘出、腎結石摘出、腎摘出、会陰尿道瘻、帝王切開、尿管ステント術、SUBシステムによる尿路確保術、尿管切開術、尿路変更術
その他軟部外科 会陰ヘルニア(生体膜法、プロリンメッシュ法)、断脚、肺葉切除、脾臓摘出、外耳道切開、上顎・下顎切除、甲状腺摘出、上皮小体摘出など

※院長のこれまでの執刀件数実績は年間400〜500件

手術の流れ

手術を実施する際は、術前から入念に麻酔計画、術式の検討が必要となります。
以下は梨の木どうぶつ病院で実施した、前十字靭帯断裂に対するTPLO(脛骨高平部水平化骨切術)を行った際の手術の流れになります。
整形外科手術を始め、神経外科、軟部外科も原則以下の流れに従って行われます。

  • 術前計画

    手術前に血液検査・X線検査を行い、麻酔リスクの評価・検討を行います。
    術前検査の結果、手術の内容、重症度によって、麻酔方法や術式が選択されます。

  • 麻酔導入、毛刈り、消毒処置

    処置室にて麻酔導入を行い、麻酔管理を行いながら術野の毛刈り・前消毒を行います。
    手術室の衛生状態を保つため、手術室内で術野の毛刈りは原則行いません。

  • 処置室から手術室へ移動

    術野の毛刈り・前消毒が終わったら、症例をストレッチャーに乗せて手術室へ移動します。
    手術室は土足厳禁とし、衛生状態を保っています。

  • 手術室にて麻酔管理、術野の本消毒

    手術室へ移動し麻酔器に接続、バイタル(生命活動)の安定を確認します。
    その後、術野を複数の消毒液を使って更に消毒します。
    これで手術の準備が整います。

  • 手術の実施

    完全滅菌処理された手術着・器具などの手術用品を用いて、手術を行います。
    麻酔器や生体モニター、パワーツールなどの手術機器は、可能な限り最新鋭のものを揃えております。

  • 手術評価、麻酔覚醒、回復室へ

    手術が終了し、術後評価を行った後、手術室にて麻酔を覚醒させます。
    麻酔覚醒後、意識レベルや呼吸状態を注意深く観察しながら、回復室(ICU)へ移動します。
    その後、必要な入院管理が始まります。

麻酔について


より安全性の高い吸入麻酔を中心に行っています。
また、麻酔中は体温、心拍数、呼吸数をはじめ、最新の麻酔のモニターを使って外観からではわからない変化を捉え、麻酔調節を行います。
大学病院で麻酔を担当していた経験を生かし、最善の麻酔管理を実践します。

滅菌について

手指の消毒や術野の滅菌は、人間の手術と同様の方法で行っています。
また手術器具は高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)やEOGガス滅菌器を用いて、完全な滅菌処理をしています。

鎮痛処置について

当院では沈痛処置を積極的に行っています。
動物を痛いままにさせておくことは、動物愛護精神に反するだけでなく、疼痛が動物の回復を遅らせることがわかってきたためです。
オピオイドと呼ばれる鎮痛薬や非ステロイド系の鎮痛薬をはじめ、モルヒネやフェンタニルといった麻薬などを組み合わせ、最も効果的な鎮痛処置を施します。

手術前日から当日にかけての注意点
  • 手術前日は、夜10時までに食事と飲水を済ませ、以降は食器をさげて手術まで何も与えないようにして下さい。
  • 子猫や子犬は絶食により低血糖になるおそれがあるため、手術前の食事については獣医師の指示に従って下さい。
  • 手術当日の散歩は、去勢手術などの小手術であれば、10分程度ならしても構いません。
  • 手術当日は午前診療中(9:00~10:00)に来院して下さい。
  • 入院中の面会は、ご希望があれば診療時間内にいつでも可能です。

整形外科・神経外科のリハビリについて

当院では積極的にリハビリテーションを行っています。
レーザー治療、マッサージ、ジェットバスなどを組み合わせ、機能回復を促進します。
整形外科・神経外科の術後、または股関節形成不全・関節炎などによる疼痛の緩和・機能回復のため、積極的なリハビリをおすすめします。